織田朝日写真展

この問題を始めてから11年が経ちました。
当時から、難民である彼らの生活を写真に収めてきて
写真展をやったらどうだというお話をたびたびいただきました。
自分に自信がないもあり、その時でもない気がして、なにかしらのイベントに
写真を飾らせていただくことは何度かあったのですが、写真展という形を
やることにしたのは、これが初めてになります。
そろそろいいか、という気持ちが自然に沸き上がり、思い切って行動を起こすことにしました。
タイトルは「日本に生きる」とありますが、今は第三国に渡り日本にいない人たちの
写真も飾ります。彼らが日本にいた足跡を残しておきたい。
そして、もちろん今、日本に生きる人たちも。
本当に小さいことだけど、難民として生きる人たちの為に
ひとつの表現として貢献できればなによりです。

織田朝日写真展
日本に生きる難民たち〜11年の記録〜

日本に亡命して来た各国の難民たち。なかなか政府から難民認定をもらえず

ヴィザもなく貧しく苦しい日々を送っている人は多い。

だけど、辛い境遇でもたくましく、明るく前を見つめている。

そんな彼らの生きる姿を11年にわたって撮り続けた写真です。

2015.11.27(fri)〜12.2(wed)
11:00〜20:00 ※最終日は18:00

”Meee” Gallery Tokyo
JR・地下鉄東西線中野駅」・北口 徒歩8分
西武新宿線新井薬師前駅」・南口 徒歩10分
「薬師あいロード商店街」内( 東京都中野区新井1-23-4)

問合せ:freeasahi2004@yahoo.co.jp